コンドロイチンの働き、期待できる効果・効能

Pocket
LINEで送る

コンドロイチンは関節の軟骨の成分の1つです。

コンドロイチン硫酸は変形性膝関節症(膝関節の痛み)の緩和に効果はあるが、その効果はごくわずかと言われています。

コンドロイチンはグルコサミンよりも原価が高い成分なので、コンドロイチンがたくさん含まれている健康食品を選ぶといいでしょう。

ただし、コンドロイチンは元々、分子量が大きい成分なので、口から摂取しても吸収されないので意味がないと言われています。

そこで、最近では低分子のコンドロイチンが健康食品やサプリでは使われてるようになっています。

ですから、どうせ選ぶなら低分子のコンドロイチンが含まれている健康食品やサプリメントを選ぶといいでしょう。

Pocket
LINEで送る