医薬品と健康食品、保険機能食品、サプリメントの違い

Pocket
LINEで送る

一般の人にとって医薬品と健康食品、保険機能食品、サプリメントの違いって変わりづらいですよね。

まず、「医薬品」と「健康食品」の2つに大きく分けることができます。

あまり意識したことがないと思いますが、日本の法律では口に入るもので「医薬品」以外は「食品」なのです。

なので、「健康食品」はあくまでも「食品」です。

そして、その「健康食品」の中に「保険機能食品」と「サプリメント」が含まれます。

なので、粒状のサプリメントも形状だけ見ると薬っぽく見えなくもないですが、法律上は「食品」なんですね。

さて、健康食品やサプリメントは薬でないため効果・効能をうたうことはできません。

たとえば、「これを飲んだら痩せる」とか「これは膝の関節に効果がある」とはうたえません。

もし、うたってしまったら薬事法違反になってしまいます。

だから、サプリメントは言葉で表記できないぶん、写真などのイメージを使うのです。

スタイルの良い女性の写真や健康的に山登りする写真などをよく見かけると思います。

一方、医薬品は効果・効能を表記することができます。

これが最大の違いかもしれません。

さて、さきほど、「医薬品」と「健康食品」の2つに大きく分けることができ、さらに「健康食品」の中に「保険機能食品」と「サプリメント」が含まれると言いましたが、さらに細分化すると3つに分けることができます。

それは「特定保健用食品(トクホ)」「栄養機能食品」「普通の健康食品」です。

特定保健用食品、通常トクホはテレビCMやコンビニなどでよく目にしている人も多いでしょう。

ヘルシアコーヒーや黒烏龍茶が有名ですね。

「特定保健用食品(トクホ)」とは1991年に設立された制度で、国が個別製品ごとに安全性と有効性を審査して、特定の効果・効能をうたう許可を与えている食品です。

たとえば、黒烏龍茶なら「体に脂肪が付きにくい」、メッツコーラなら「食後の中性脂肪の上昇抑制」といった効果・効能をうたっています。

効果が科学的に証明されているので、例外的に機能表示を認めれたら食品です。

「栄養機能食品」とはビタミン12種類、ミネラル5種類の計17種類について栄養表示ができる食品のことです。

簡単に言うと、ビタミンやミネラル系のサプリメントと言うことができます。

最後に「普通の健康食品」ですが、これはいわゆる健康食品やサプリメントと言われているものです。

グルコサミンや青汁、コラーゲン、ヒアルロン酸、DHA、ローヤルゼリー、ブルーベリー、コエンザイムQ10などですね。

おそらく、一般の消費者にとって一番身近な存在なのではないでしょうか?

以上が医薬品と健康食品、保険機能食品、サプリメントの違いです。

Pocket
LINEで送る