病は気から、健康食品やサプリメントのプラセボ効果(プラシーボ/偽薬)

Pocket
LINEで送る

日本には古くから「病は気から」ということわざがあります。

「病気は気の持ちようによって、良くも悪くもなる」という意味のことわざです。

プラセボ効果とは「偽薬を処方したのに、本物の薬だと信じ込むことによって症状の改善が見られる」ことを言います。

プラセボ効果は1955年にハーバード大学の意思ヘンリー・K・ビーチャーが行った研究で知られるようになりました。

ビーチャーは手術後の様々な症状を訴える1082人の患者に薬理的影響のない食塩水を注射したり、乳糖を与えるなどして偽薬を処方したところ、35%の患者の症状がはっきりと改善したと報告しました。

この偽薬のことを英語で「placebo」といい、日本語だと「プラセボ」や「プラシーボ」と発音することからプラセボ効果やプラシーボ効果を呼ばれています。

さらに、偽薬の効果には値段も影響するという研究結果もあります。

マサチューセッツ工科大学で82人の治験者に電気ショックで痛みを与え、その後、偽薬を処方しました。

そして、1錠の値段を「10セント(約10円)」と伝えたグループと「2ドル50セント(約250円)」と伝えたグループに分けました。

すると、「痛みが和らいだ」と答えた比率は「10セント(約10円)」のブループが61%だったの対し、「2ドル50セント(約250円)」のグループは85%だったそうです。

このように価格が高い薬のほうが効果が大きいというプラセボ効果もあるようです。

このようなプラセボ効果は健康食品やサプリメントにもありますよね。

「なんとなく、サプリメントを飲み始めてから体調が良くなったように感じる」みたいな・・・。

「値段が高いサプリメントほど、効果があるような気がする」みたいな・・・。

「病は気から」のことわざのように、サプリメントや健康食品を摂ることにより、気持ちが前向きになり、プラセボ効果によって良い影響が出ているのかもしれませんね!

でも、結果的にはOKということになりそうですが。

Pocket
LINEで送る